副業がバレないように日払いバイトで働こう!

「副業をしてみたいけれど、会社にバレてしまわないか不安。。」なんて、思っている人は多いと思います。

そうはいっても、本業の収入だけでは思うような生活ができない人も少なくないのではないでしょうか。

今の仕事はやめたくないけれど、このままのお給料では生活していくのが大変ということも多いはずです。

しかし、会社に副業が禁止されているとなかなか気楽に副業を始められませんよね。

副業を解禁している会社も徐々には増えているものの、やっぱりまだまだ副業禁止の会社は少なくありません。

今回は、副業禁止の会社で副業がバレたらどうなってしまうのかや、バレずに副業をする方法をご紹介します。

副業をうまく始めて、今よりも快適な生活を送りましょう。

そもそも、会社に副業がバレるとどうなるの?

副業を禁止している会社は多いと聞くけれど、実際にバレるとどうなるのかよくわかっていない人もいると思います。

まずは、副業が会社にバレてしまうとどうなるのかについて理解しておきましょう。

結論から言うと、副業が会社にバレることによって、何らかの処分がくだされることが多いです。

単に注意されて終わりというケースはほとんどないので覚悟しておかなければなりません。

処分の内容としては、減給処分のうえで副業をやめさせられるなどが考えられます。

本業のお給料だけでは生活していけないから副業をしていたのに、やめされられるうえで減給処分にもなるなんて大変すぎますよね。

会社をすぐにやめさせられるというケースは少ないですが、副業していて減給になったことが周囲にもバレてしまうと会社にも居づらくなります。

それによって、結局、自分から会社をやめることになる人も少なくないです。

したがって、副業をするのであれば会社にバレるようなものはやめておかなければなりません。

会社に勤めてお給料をもらうということには、一定の責任が発生するのです。

どうしても副業をしなければならないときには、気をつけておきましょう。

会社にバレないような副業って何かあるの?

副業が会社にバレてしまうと問題になるのはわかったけれど、それなら副業なんてできそうにないとお悩みの人もいると思います。

ここからは、会社にバレないような副業があるのかどうかについて考えていきましょう。

実は、会社にバレることがないような副業は、存在しています。

それは、風俗店での日払いのお仕事です。

風俗店で働く場合は、本業の会社にバレないだけではなく、短時間で高収入を稼ぐことができます。

風俗店で働いた経験がまったく無いという人は、本当に会社にバレないのかどうか心配に思っているはずです。

しかし、風俗店はいろいろな会社にバレないための対策を準備しているので安心してください。

なぜなら、風俗店で働く女性は学生やOLなども多く、周りにバレずに働きたいと考えている人が多いためです。

それなのに、風俗店側が対策をしていなければ、働く女性がどんどん減ってしまいますよね。

したがって、風俗業界では本業の会社にバレずに長く働いてもらうための工夫が行われています。

そのような工夫を行っている風俗店で働き、自分自身も周りの友人たちに風俗店で副業していることを話さなければ、安心して副業をしていくことが可能です。

風俗店で副業がバレない理由は?

風俗店で働いても副業がバレない理由は、税金の制度に関係しているので確認しておきましょう。

一般的には、本業として働いている会社に副業がバレてしまう原因は、税金の金額のせいだと考えられています。

例えば、本業でのお仕事終わりにコンビニでアルバイトを始めた場合を考えてみましょう。

本業に加えてアルバイトをしているので、今までの収入よりも手に入れるお金は増えますよね。

それによって、納めなければならない住民税が高くなってしまうのです。

住民税の支払い用紙には、具体的なアルバイト内容は書かれていません。

しかしながら、会社側は、自分の会社で支払っているお給料からは考えられない住民税が示されていることに気が付き、副業をしているのではないかと考えるのです。

アルバイトなどで副業をすると、住民税が高くなるのは避けられません。

しかし、風俗店は一般的なアルバイトとは違い、雇用形態が特殊なので自分で確定申告を行うことになります。

それによって、本業の会社にはバレずに収入を増やすことができるのです。

なぜ自分で確定申告を行えば、本業の会社に知られずに副業ができるのかについてを確認しておきましょう。

自分で確定申告を行うメリットとは?

風俗店で働く場合には、税金については自分で税務署に申告することが多いです。

確定申告を自分で行ったことのある人はご存知かもしれませんが、副業の収入分だけは住民税の書類を別にすることができます。

したがって、会社に住民税が高いとあやしまれることがなくなるのです。

徴収方法を変えるだけで難しくはないですが、確定申告と聞くと大変そうなイメージをお持ちの人も多いと思います。

しかし、詳しいやり方は税務署に聞くとていねいに教えてもらえるので安心してください。

税務署の人がわざわざ副業を応援してくれるのかな?なんて、思うかもしれませんが、税務署は会社にわざわざ副業をバラすことはありません。

なぜなら、税務署はただしっかり税金を納めてもらえたらそれで良いためです。

また、副業というものは会社が独自の規則として禁止をしているだけで、社会的に問題があるわけではありません。

したがって、不必要にビクビクせずにどうどうと確定申告をしましょう。

金銭感覚が変わってバレる可能性はあるから注意!

風俗店で働くことによって、副業がバレないことは理解していただけたと思います。

しかしながら、税金関係で会社側に副業がバレないとしても、それ以外の理由でバレてしまう可能性は存在しています。

その理由とは、今までの金銭感覚と変わりすぎてしまうということです。

副業を始めるまでには持っていなかったブランド品を大量に持っていたり、高級なレストランによく行くようになったり、周りに怪しまれることが増えると不意なときに副業がバレてしまうかもしれません。

もともと生活費のために働き始めた風俗店での副業が、高収入すぎて予想以上の暮らしを手に入れてしまうのです。

風俗店での副業がバレるのは、このような今までの自分と変わりすぎてしまうためというのもよくあります。

したがって、思ったよりも稼げたとしても、毎日◯万円は貯金をする、などのように自分でルールを決めましょう。

生活面では今までよりも少し余裕があるという程度におさえておけば、副業がバレる可能性は大幅に下がります。

せっかく副業対策が行われているアルバイトを始めても、自分自身でバラしてしまうと本末転倒なので気をつけてください。

以上のように、副業がバレてしまう理由さえ理解しておけば、本業の他にも収入源を手に入れることは可能です。

バレないように意識しながら、生活を快適なものにしていきましょう!

まとめ

副業を禁止している会社で働いているけれど、そこからのお給料だけでは生活が難しいという人は少なくありません。

しかし、もしも会社に副業がバレてしまうと減給処分になったり、最悪の場合では会社をやめることになったりする可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、副業の内容はしっかり考えて選びましょう。

一般的なアルバイトでは住民税が高額になることで会社側に副業がバレてしまうので、風俗店で自分で確定申告をするスタイルでの副業がおすすめできます。

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中