あなたはどっち?20代で健康に目覚めるのは早い?遅い?

あなたは20代で健康に目覚めるのは早いか遅いか、どちらだと思いますか?

人それぞれの価値観はあるかと思いますが、健康を意識して行動に起こすのはもちろん早い方がいいでしょう。

では健康でいることに何の意義があり、何をすればいいのか?改めて問うと、あなたは具体的に答えることができるでしょうか?

今回は健康について考えていきましょう!

健康の定義とは?

健康の定義とはなんでしょうか?当たり前のように知っているようで、実際には言葉にできないことだったりします。

WHO憲章では次のように定義しています。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳

健康と言えば病気をせず体が健やかに機能していることが一番に思い浮かびます。

しかし体だけでなく、精神が安らかで社会的立場からも満たされている状態であることも定義としています。

実際にすべてを満たしている人は多くないのではないでしょうか。

事実、健康を目指し維持するために、あなたの努力が必要なのは言うまでもありません。

健康であるメリットとは?

健康であることに越したことはありません。ではあなたは健康であるメリットをどれだけ言えるでしょうか?

改めて考えてみましょう!

肉体的な疲労が断然少ない

人々は皆、肉体的な労力というものを必ず使います。

そして健康であると、その疲労感は不健康に比べて少ないものです。

不健康だと何をするにもだるさや倦怠感が抜けきれず、やる気が起こりません。

また健康だと疲労感があったとしても、精神的には感じないことがあります。

エネルギーがみなぎってくる・行動の幅が広がる

健康な人は不健康な人より活動の幅を広げることができます。

健康な人は活力があり、疲労を感じにくいため活動の幅を広げることができるのです。

そして活動の幅を広げることで新たな元気の活力を見出せることを知っています。

疲労以上に自分自身にプラスになるものが必ずあるからこそ、挑戦し前進できるのです。

毎日を楽しさと喜びで生きることができる

健康であると毎日が楽しく、ちょっとしたことにも喜びを感じることができます。

逆に言うと、日々を楽しく生きようと心がけ、喜びを見出そうと努力します。

すべては健康から生まれる元気のエネルギーがそうさせているのです。

自分の人生を生きることができる

健康であれば自分がしたいことの可能性を広げることができます。

自分の夢を実現する、欲しいものを手に入れる、旅行をする、美味しいものを食べる、快適な家に住む。あなたが健康であれば、したいこともできることも増えていくでしょう。

またあなたの希望をかなえる上で働くことは必須条件であり、健康と密接に関係していくことになります。

不健康であれば働くこともできないので、収入源を絶たれ、生きることも困難な状況に陥るかもしれません。

そうなると、自分の人生を楽しむどころか、日常生活を送ることができなくなってしまいます。

20代のうちから始めよう!今始めると、これらのリスクを回避できる!

では、具体的に20代のうちから健康を意識することで、将来どのようなことに対応していけるのでしょうか?

知っていて損はないので、頭の片隅に知識として覚えておきましょう。

医療費のコスト

不摂生な生活を続けることで、将来自分の身に起こる災難は避けては通れないでしょう。何か重大な病気や怪我に繋がることであり、起きてしまってからでは遅いのです。

その点、20代のうちから健康に気を遣い、心がけることで、そういったリスクを回避することができます。

そして不健康が故にかかってしまう病気や怪我の莫大な医療費を考えると、今から健康を心がける方がコストを断然低くおさえることができます。

何より健康であることにメリットはあってもデメリットはないので、20代から始めて損はないのです。

仕事でのスキル・キャリアアップ

健康であるということはエネルギーに満ち溢れ、活動の幅を広げられるということです。

あなたが仕事でスキルアップやキャリアアップを測るうえで健康は必要不可欠な要素ですよね。

健康だからこそやる気や向上心に満ち溢れ、日々の功績や出世にも繋がることなのです。

頻繁に欠勤や早退を繰り返していては仕事に対しての意欲を疑われ、体調管理の観点からしても出世しやすいとは言えません。

年金問題

私たち日本国民は、年金を国民の義務として毎月一定額支払っています。

そして積み立てた私たちの年金は現在の高齢者に受給されています。

将来私たちが65歳になると年金受給が可能になり、その時若者が納付している年金を受給することができるのです。

年金を受給するために、最低でも65歳までは生きておかなければならないということになります。

自身が納付した年金を取り戻すには長生きすることが必要です。

そのために日々健康を保つことは将来の寿命に関わることであり、とても大切なことなのです。

健康になるためにすべきこととは?

健康になるためにすべきことの基本を見ていきましょう!

当たり前のことだけど実際にはできていないことが多い…。そうならないためにも改善していきましょうね。

早寝早起きをする

早寝早起きは三文の徳です。

早寝早起きをすることで1日を有意義に過ごすことができ、活動の幅が広がります。

また日中、日光にあたることで骨が丈夫になり、睡眠の質も上がるなど健康に繋がることがたくさんあります。

早寝早起を続けることは規則正しい生活の基盤を築くことにも繋がります。

規則正しい生活は健康に不可欠なので、早寝早起きを心がけると良いでしょう。

運動をする

適度な運動は健康を維持する上でとても大切なことです。

生活習慣病や体の機能の低下や衰えを防ぎ、長生きにも繋がります。

運動はストレス発散などにも効果的なので心身ともに健康になることができます。

あなたは1日のうちどれくらい運動をしていますか?

学生時代と比べ、社会人になって運動する機会が減ったのは言うまでもないでしょう。

運動する機会は自らで作らなければならない状況下で、あなたができる事とは何でしょう?

運動といっても重い足をあげるような大それたことをする必要は全くありません。

1日20分歩く、体を動かすなどちょっとしたことを続けてみてください。

今よりは必ず健康になっていることは間違いないでしょう。

バランスのとれた食生活

あなたはバランスのとれた食生活を送れていますか?

毎日コンビニ弁当やカロリーの高い食べ物、肉中心で野菜がとれていなかったりしていませんか?

暴飲暴食や偏った食生活は健康に悪影響を及ぼします。

もし当てはまるのであれば健康を意識した食生活を送ってみてください。

例えばコンビニ弁当ばかりになってしまうのであれば、ヘルシーな弁当を選び、サラダや野菜ジュースをプラスしてみる、カロリーの高い食べ物は食べても良いけど量を控える、肉中心の食生活であれば野菜も一緒に食べるようにするなど、ちょっとした心がけでも必ず健康に直結します。

健康を意識した行動は無意味になることはないのです。

食生活を整えることで免疫力や体力、脳活性の低下を防ぐことができるので今から始めましょう。

ネガティブ思考にならない ポジティブ思考に!

ネガティブ思考よりポジティブ思考でいる方が、何かとプラスになることはお分かりいただけると思います。

ネガティブな発言や行動は不健康に、逆にポジティブな発言や行動は健康に導くことができます。

ここでいう健康とは精神のことを指します。

ポジティブになるだけで精神に関わる健康を維持できるのであれば、とても簡単なことだと思いませんか?

そして言葉には大きな影響力が秘められています。

ポジティブな発言をすればするほど、あなたはポジティブな人間になれます。

ただポジティブな言葉を口にするだけで健康になれるので試しにすぐやってみてくださいね。

健康は早いうちから。今と将来の生活を豊かにしよう!

いかがでしたでしょうか?

20代から健康を意識することは大切であり、行動に起こすのは早い方がもちろん良いでしょう。

健康になることで現在の生活を心身ともに豊かにし、仕事や趣味の幅を広げることはもちろん、将来への保険としても成り立つのでメリットしか見当たりません。

そして健康になるためには生活リズムを整え食生活の改善適度な運動など、ちょっとした心がけを日々行うことが重要になります。

初めは慣れないことで戸惑うかもしれませんが、継続すれば必ず結果が伴うので頑張ってみてください。

健康になるために早いうちから努力することが大切です。

そして健康を手に入れ、人生をもっと豊かにしましょう!

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中