20代の乱れた食生活とは?健康への影響を知ろう!

あなたは食生活に気を遣った生活を送れていますか?

20代のうちはカロリーや栄養の偏りを気にせず、食べたいものを食べたい分だけ食べ、太ると身体に負担をかけた極端なダイエットを行う。そんな食生活を送ってはいませんか?

食育の基礎を学ぶとともに20代にありがちな食生活の乱れを見つめ直し、未来のために健康を目指してみましょう!

20代にありがち!こんな食生活は避けよう

では具体的に20代の女子にありがちな食生活を覗いていくとともに、及ぼす悪影響を知っていきましょう。

好きなものだけを食べる・偏食する

人は誰しも食の好みというものがあります。

嫌いな食べ物はどうしても気乗りせず、大人になっても克服できない。別に食べなくても死にはしないしいいか!

その考え、間違っていますよ!

正しい食生活の基本は栄養のバランスが摂れた食事を摂ることです。

肉や魚ばかり食べていても、野菜ばかり食べていても健康な身体づくりはできません。

それぞれの栄養素を均等に摂ることで初めて身体が正常に動き、活力が生まれます。

偏食をしすぎると、身体への不調はもちろんのこと、病気になりやすくなり、精神的にも衰退してしまう可能性があります。

苦手な食べ物も必ず栄養源やエネルギーになるものであり、栄養バランスを保つ上ではとても大切な役割を果たします。

好き嫌いせず、5大栄養素を意識した食生活を送る努力をしましょう。

3食のうち欠食をする・間食が多い

食生活の基本として1日3食を摂る人が多いことでしょう。これは人間が1日に摂取すべきカロリー量から1日3食摂ることが適当であると言われています。

最近では生活リズムの多様化により、1日1食や2食、あるいは5食をとるなど、独自の食生活を送る人々が増えてきました。

個人の健康状態や身体のつくりなど様々な観点を考慮し、一概に1日3食が妥当と言えなくなってきていることも確かですが、朝食・昼食・夕食を摂ることはとても大切な役割を果たし食生活のリズムを作っています。

では1日3食にはどんな意味があり、摂らないことでことでどんな悪影響を及ぼすのでしょうか。

朝食・昼食・夕食の役割とは?

朝食1日の始まりの活力源となる要素です。

また朝寝起きの状態は血糖値が低く、脳や内臓、神経の働きが低下しています。

そういった身体の状態を目覚めさせ、脳や神経にエネルギーを送る働きをします。

朝食のおかげで身体にエネルギーがみなぎり、1日頑張ろう!元気出そう!ってなるわけですね。

1日を元気いっぱいに過ごすには朝食は欠かせない存在であることは確かです。

もうお分かりかと思いますが朝食を欠食してしまうと、元気が出ない・記憶力や集中力が圧倒的に低下してしまうなどの悪影響を及ぼします。

そうならないようにきちんと朝食をとりましょう。

昼食は午前中に使い果たしたエネルギーの補給と共に、午後からの活力源として補うことができます。

栄養バランスに気を遣いながら、エネルギー源を多く含む炭水化物などを多めに摂るとよいでしょう。

昼食が3食のうち結構重要だったりします。

昼食を欠食してしまうと午後からの活力源が断たれるだけでなく、夕食や間食に過度な摂取をしてしまいがちで、結果食生活の乱れに繋がります。

1日のうちでカロリーを気にしなくてもいい時間帯(いわゆるゴールデンタイム!笑)なので昼食の機会を逃すととっても損です。

あなたの食欲を昼食に大いに充ててくださいね。

夕食1日の疲れだけでなく、家族との団らんの機会を作り、心身ともに癒す時間でもあります。

また夕食後は消費エネルギーが一番少ないため、就寝前の胃もたれや肥満を避けるためにも早めの時間に食事を摂るべきですね。

食事量や時間帯によっては太りやすい体質を作る原因となるので夕食のメニューには要注意しましょう。

間食を摂ることへの影響とは?

間食は「」と見られがちです。

基本的にお菓子などの嗜好品は栄養素より味覚や嗅覚などを重視し、楽しむためのものであるため食生活の中で不必要といえばそうかもしれません。

しかし食事と食事の間で小腹がすいたときや、エネルギーを補給したいときに最適と言えるので用途によればとても大切な役割を果たします。

間食は量と時間帯を気を付けることで楽しむことができるでしょう。

もしあなたが過度な間食をしているのであれば、少し見直してみてくださいね。

ファーストフードやインスタント食品などの栄養の偏った食事がメイン

20代になると外食する機会も増え、また食事の手間を省くためにインスタント食品を多々利用することも少なくないでしょう。

健康に悪いとは分かっていてもどうしてもやめられない!便利で簡単、且つ美味しいとなるとそういった食品に頼ってしまうのも分からなくはありません。

しかし、双方を主食として食生活を続けると健康に及ぼす影響は計り知れないものとなります。

ファーストフードは動物性たんぱく質油脂分に偏っているため、肥満の原因になります。

ファーストフードの恐ろしさを物語るドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」をご存知でしょうか?

この作品の監督自身が、1日に3回・30日間、マクドナルドのファストフードだけを食べ続けたらどうなるかを検証。たった30日間のうちで被験者の身体は14キロも増加。体に様々な不調を抱え、精神的な老衰化も見られました。

ファーストフードの恐ろしさを改めて実感できるので、機会があれば是非ご覧になってくださいね。

インスタント食品に関しても添加物が多く含まれていたり、ものによっては有害物質の蓄積に繋がります。

またタンパク質ビタミンミネラルといった栄養素が不足しているため、栄養に極度な偏りがあります。

どちらにしても主食として日々続けて摂取するのは危険なようです。

サプリを多用する

サプリメントは健康促進を補助する役割を担い、ビタミンミネラルなど特定の成分を凝縮したものなので個々の健康状態に合わせて必要な栄養を摂ることができます。

錠剤でいつでも簡単に摂取しやすいのでついついサプリに頼りがちになるかもしれません。

しかしあくまでサプリは「栄養補助食品」であるため、規則正しい食生活の中で足りない栄養素を補うためだけに利用するようにしましょう。

ありがちな20代の乱れた食生活を見直して健康になろう!

いかがでしたでしょうか?

あなたも一度は経験がある、そして今でも継続中なんてことはないでしょうか?

大したことないと思っているあなたの乱れた食生活は、不健康になる基盤を造っている段階であり、今後必ず身体に悪影響を及ぼすでしょう。

歳をとってから気づいては遅いので、今気づいたうちから健康を意識して行動に移してみましょう。

あなたが思うバランスや栄養の取れた食事を実現してみて下さい。

食の知識がないのであれば調べてみて下さい。

調べていくと新しい発見や驚くべき事実に出会え、食育に目覚めるかもしれません。

そして規則正しい食生活は1日の活力源となり、1つ1つが楽しく感じ輝いてみえます。

充実した毎日を送るためにも健康を大切にしていきましょうね。

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中