日本で増え続けるLGBTの割合!リアルゲイが考察する実態とは

最近よく聞くLGBTですが、日本のLGBTの割合は知ってますか?
おそらく、聞いたら耳を疑いたくなるくらいの割合でいます。

その数なんと、2015年の時点で7.6%!!
この数を単純計算するなら、13人に1人はLGBTです。

あなたの周りに13人以上いるなら、
そのうちの1人はLGBTだという事です。

ただ、単純にこの数字だけで真実は語れません。

それでは、リアルゲイである僕が考える、
日本のLGBTの割合について書いていきますね!!

潜在的LGBTはそこら中にいる!

もし、あなたの隣の友人が実はLGBTだとしたらどうですか?

「んなことあるはずがない!!」
「結婚してるし、あの人はノーマルだよね。」
「異性のタイプ知ってるよ!」

なんて言ってるあなたは、LGBTの理解が足りません。

そもそも、日本のLGBTのほとんどは、カミングアウトをしていません。
その原因は、社会がLGBTを受けいれるだけの土壌が整っていないためです。

特に男性は、会社で生きていけなくなる危うさすら感じます。
そんな中、堂々とカミングアウトしている人の方がレアなだけです。

僕は、今までいろんな人とネットやリアルで出会ってきました。

ゲイの出会いは、ゲイバーのようなゲイが集まるリアルな場所か、
ネットが中心です。
そして、少なくてもゲイは、ネットユーザーが大半だと思います。

僕はネットを中心に活動するタイプですが、
出会いの掲示板やアプリを見てるだけでも、本当に様々な人がいます。

先日、ノンケの男性にチラッとアプリを見せたら、
「イケメンいっぱいいる!ってか普通の人だね!」
みたいな感想を言ってました。

そうです。
ゲイは見た目は普通の人とまったく変わらないのです。

芸能人が、ゲイに奇抜なキャラクターを植え付けてますけど、
それは、外人が日本に対してイメージで
「ジャパニーズ!サムラ~イ!ちょんまげ!」
と言ってるのと変わりません。笑

日本のLGBTの割合についての記事を書いておきながら、
こんな事を言うと元の子もありませんが、
おそらく、現在発表されているLGBTの割合は当てになりません。
あくまでも現在出来る方法で調べてみた参考程度の数字です。

それでは、事実としてのデータを元に僕が考える
LGBTの割合を示す数字のカラクリに驚愕して下さい。笑

電通ダイバーシティラボが発表したLGBTの割合とは

ネット上には、電通ダイバーシティラボが調査した
LGBT人口の割合が掲載されています。

その統計結果として、
2012年 LGBT割合は5.2%
2015年 LGBT割合は7.6%

たった3年でLGBTの割合が2.4%も増えるのは、普通に考えてありえないですよね。
これが、リアルに起こったとしたら、たった3年でLGBTに目覚めた人が
290万人くらいいるって計算になります。

30年で2900万人のLGBT増。
こわっ!!

そんなわけで、
この数字にはいくつかの不確定要素が隠れています。

まず、電通ダイバーシティが行ったアンケートですが、
これはインターネット上で約7万人に対して行ったアンケートです。

イメージして下さい。
無差別に送られてきたインターネットアンケートの質問は、
「あなたはLGBTですか?」と聞いています。

さぁ、あなたのPCにこのアンケートが来たら、
最初の選択は、「答える」「答えない」です。

答えない人は、集計に加わらないので、
これは置いておきましょう。

問題は”答える人”が、正直に答えているかです。

果たして、匿名とはいえ、人生に影響を及ぼす秘密を
”正直に答える割合”はどの程度でしょうか?

僕の場合は、カミングアウトしてるので、
ゲイと回答します。

そして、LGBTにもいろいろな段階があります。
考えてみたら当たり前なんですけどね。

・男性にドキッとする事あるけど、気のせいだと思い込もうとしている
・ゲイだけど、まだ自分で認めていない
・ゲイを認めたけど、周りには秘密
・ゲイをカミングアウトしている
↑これは、僕のパターンです。

もっと複雑だと、
・普通に女性が好きだけど、男性にもたまにドキッとする人
・潜在的に男性もいけるけど、それに気づいてない人
・男性もいけるけど、自分はノーマルだと信じている人

バイの人は、自己認識するのが難しいですよね。
異性を普通に好きになれるわけですから。

こんな風に、いろんな段階の人がいます。
そしてこの段階は、ちょっとしたキッカケで変化していきます。
つまり、ある日を境にLGBTになる事もあるのです。

さらに、インターネット上のアンケートと人の心理を考えたら、
いったいどれだけの人が”正直に回答”するでしょうか?
あるいは、自分を正確にLGBTかどうか判断出来るのでしょう?

自分がLGBTと認めたくない人もいますし、
匿名でもバレる恐怖を感じる人もいると思います。

どこからLGBTになるの?

ここで、LGBTの定義を考えてみて下さい。

僕はたまーに聞く事があるんですが、
ノーマルの男性にいくつかの条件を出して、
「男性とやれるか」って聞いてます。笑

別にその人に興味があるわけではなく、
彼女作ってみたら良いよと延々熱く語ってくる人がいるんで、
僕は女性に興味がないと言い切った後に、逆に聞き返してるんです。
それなら、そっちが男と試してみたらどうかと?

ノーマルの人が、どんな条件なら男性と出来るのかは、
ちょっと興味もありましたので。笑

そうした時に、
・やろうと思えばいけるかも
・自分が憧れるようなイケメンだったら出来るかも…
・〇〇万もらえるならチャレンジする
みたいな意見をもらいました。

この問いに対して、
「俺は死んでも無理!お金とか条件の問題ではない!!」
と答えた人だけが、真のストレートだと思うんですよね。

でも、ストレートをここまで厳しくすると、
かなりの確率でLGBT候補生になるかもしれません。

LGBTはそもそも生まれつきなの?

僕が今までいろいろな人の話しを聞いてきた限りでは、
先天的な人と後天的な人に分かれます。

僕は先天的で、もともとゲイですが、
それに自分で気づいて受け入れたのは、23歳くらいだったと思います。

それまでは、無性愛者という立場でした。

ですが、話しを聞いてると、
後天的な人の割合の方が大きいのかなと思います。

「昔は彼女いたけど、今は男の方が好きだな」
「彼女いるけど、たまに男とやりたくなる」
「今は男しか好きにならないなぁ…」
「偽装結婚的に結婚したけど、やっぱりきついね…」

本当に、いろんな人がいるし、LGBTの中でも性的趣向に関しては、
その時々で流動的に変わっていくようです。

そして、どこまでをLGBTに含めるかで、
LGBTの割合の数字は大きく変わっていく事でしょう。

ちなみに、もともとストレートだと思ってた人でも、
一度男を体験すると、だんだん戻れなくなる人が多いようです。

日本のLGBT受け入れ態勢が割合を変える!

電通ダイバーシティラボのアンケートで、
3年でLGBTが急増した事を書きました。

あの数字の裏側を読み解くと、急にLGBTが増えたわけではなく、
日本がLGBTに対応出来るようになってきた証だと思うのです。

芸能界には、ゲイやオカマの人が出てきたり、
海外の有名人でもオープンにしている人が増えてきました。

この影響が、”もっと自分らしく生きる”というメッセージとなって
自分のセクシュアリティを隠さない文化が出来つつあるのでしょう。

渋谷区の同性のパートナーシップの制度なんかは、
僕にとっては衝撃的でした。

僕は感覚が雑すぎるのかもしれませんが、
セクシュアリティなんて、ただの好みだと思ってます。笑

好きなものを好きと言い、嫌いなものを嫌いと言う。
それでいいじゃないかと。笑

そんなシンプルな発言が、
誰でも素直に出来る社会になればもっと良いですね。

その指標の一つが、電通ダイバーシティラボの
LGBT割合アンケートに反映されるのではないでしょうか。

LGBTの人が自分を隠さず生きれる世界になった時、
始めて本当のLGBTの割合が分かるようになると思います。

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中