身体に良い摂取したいお塩と悪いお塩ってなに?!上手なお塩の摂取方法なんてあるの?

毎日の食事に欠かせない、お塩。

スーパーに行くと色々なお塩が売っています。

「安いし、これでいっか♪」

なんて選んでませんか?

 

お塩には、実は私たちの身体にとって必要な大事な成分が含まれています。

「でも、どうに良いお塩を選んだら良いか分からない」

 

そんなあなたに、お塩の種類から、健康に良いお塩をお教えしちゃいます!

 

簡単に見分けられる方法があります。

健康に良いお塩を知って、病気知らずな身体になっちゃいましょう。

 

お塩の種類

 

 

普段、お塩ってあまり気にせず選んでいるなんて人多いですよね。

料理の決め手のはずのお塩なのに…

毎日の食生活に欠かせないお塩だからこそ、ちゃんと知っておかなくちゃ!

 

お塩の種類は3種類「海塩」「岩塩」「湖塩」それぞれ特徴もあるんですよ。

まずはその紹介をしましょう。

 

海塩

  • 食塩(普段使っている人が多いお塩)
  • 自然海塩(天日塩・平釜塩 天然のミネラルを多く含む)
  • 再生加工塩(人口的に作られた塩)

 

岩塩(産地により様々な色で、含まれる栄養も様々)

  • ピンクロック(ほのかにピンク色でまろやかな塩味)
  • クリスタルロック(水晶の様に美しい透明色・希少な種類)
  • アンデスロック(鉄分やカルシウムが豊富)
  • ヒマラヤルビー(美しいルビー色・独特な風味)
  • モンゴルロック(カルシウム・カリウム・ミネラルを多く含む)
  • ブルーロック(他の岩塩に比べ辛みが強い・稀少な種類)

 

湖塩

  • ウユニ湖塩(自然のミネラルを多く含む・甘みがある)
  • 死海(基本食材に向いていない)
  • デボラ湖塩(海水塩よりマイルド・岩塩よりしっかりした塩味)

 

お塩にはこんなにたくさんの種類があったんです。

塩マニアだと自負していたAiri…

恥ずかしい…

聞いた事の無いお塩がありました(笑)

 

身体に悪いお塩なんてあったの?

 

そもそも、減塩ブームで塩がなんだか悪者扱いになってしまっていますね。

ですが、人の身体には塩が必要不可欠なんです。

 

塩は体内で、塩化物イオンとナトリウムイオンの状態で消化吸収を助けたり、細胞をたもったり刺激の伝達をしています。

お塩に含まれるミネラルバランスが大事なんです。

 

夏、熱中症の時には塩が大事な役目を果たしているのは、イマドキ女子なら知っていますよね。

こんな大事な役目を果たしてくれるお塩。

 

安価で手にしやすく普段使っている食塩は、科学的に精製されてつくられる精製塩なんです。

この食塩なんと、塩化ナトリウム99%。

 

びっくりですよね。

イオン交換膜法という方法で精製されているのですが、ほぼ純粋な塩化ナトリウムを抽出したものなんです。

ミネラルやその他の成分を取り除いてしまっているんです。

 

塩化ナトリウムは、摂取しすぎると細胞のバランスが保てなくなってしまうんです。

減塩しましょうと、言われるのはこの塩化ナトリウムを控えましょうって事!

 

再生塩は、精製塩や海外などの天然塩にミネラルを加えてバランスを整えたもの。

人の手を加えすぎるのも何だろう?と考えてしまいます。

 

岩塩もミネラルを含んでいる様なイメージがありますよね。

岩塩の種類も豊富で一概には言えませんが…

岩塩は天然なのですが長い年月をかけて、できる過程でミネラルの含有量は少ないんです。

 

そして残念な事に、ほとんどの加工食品には精製塩が使われています。

加工食品便利だし、外食を全くしないのは無理がありますね。

 

そんな日は塩分を控えるようにしましょう。

毎日の食事に使う塩だから、せっかくだからミネラルもバランス良く摂りたいですよね。

 

身体に良いお塩って?

 

身体に良いお塩。

前述したようにズバリ!ミネラルバランスの良いお塩なんです。

 

生命は海から誕生したなんてよく言われます。

その証拠に母親の胎内の羊水中や、人の血液に含まれる成分は海水に良く似ているなんて知ってました?

 

病院で使われる輸液で生理食塩水なんていうのも聞いた事ありますよね。

これもまた、海水に似た成分なんです。

 

人間には、良質な塩がいかに大事か分かります!

必須ミネラルなんて言葉も聞いた事ありますよね。

 

人間が生きていく為に体内に取り込まなくてはならない成分です。

マグネシウム・カリウム・カルシウム・リン・硫黄・ナトリウム・塩素・セレニウム・銅

亜鉛・コバルト・鉄・ヨウ素・クロム・マンガン・モリブデンの16種類です。

16種類すべてを含んでいるのが海水なんです。

 

「じゃあ、海水飲めば良いんじゃない?」なんて思ってしまいますが…

まずくて、海水飲めませんよね(笑)

 

飲めたとしても、そのまま飲んでしまうとマグネシウムやカリウムなどの「ニガリ成分」を体内に摂りすぎてしまいます。

それを回避するために昔から製塩という技術ができました(笑)

 

製塩の作業で、余分なニガリ成分を少し落として、理想的な塩ができているのです。

以前にがりブームなんていうのが、あった時にがり舐めてみました。

なんとも言えない苦さとしょっぱさでビックリした記憶があります。

 

良質なおいしい塩からミネラルをとるのが一番良いって事ですね!

ミネラルを含む、良いお塩にも種類がたくさんあります。

味もそれぞれ違うのでお好みの味を探してみてください。

 

Airiはサラダのドレッシングはほとんど買いません。

良いお塩・オリーブオイル・ミックスペッパーで食べています。

お塩を変えただけでも味が変わり、野菜のうまみが楽しめますよ。

 

良いお塩の見分け方は?

 

自然海塩(良質な塩)には2種類の加工方法があります。

 

  • 天日塩:海水を塩田に導入して太陽の熱で水分を蒸発させて塩分を結晶化させて作る方法
  • 平釜塩:海水を釜で煮詰めて塩水を濃縮し結晶化させて作る方法

 

お塩の精製法に、天日塩や平釜塩と記載のあるものを選びましょう。

精製塩は精製法にイオン交換膜法と記載されていますよ。

詳しくお塩の見分け方をお教えしますね。

 

精製塩

原材料名:海水

工程:イオン膜、立釜、乾燥

塩化ナトリウム99%以上

 

お塩のパッケージの裏に、「塩化ナトリウム99%以上」「イオン膜」の記載があったら精製塩間違いなし。

 

再生塩

原材料名:天日塩(海外の国名)、海水(5%日本)

工程:溶解、平釜(立釜)

原材料名に、「海外の天日塩と日本の海水」など混ぜて作った事を表示。

 

「溶解」という記載があれば、再生塩です。

 

天然塩(自然塩)

原材料名:海水

工程:天日、平釜

 

「天日」の記載があれば自然海塩です!

 

意外に簡単に見分ける事ができますよね。

良いお塩の見分け方は、分かって頂けたと思いますがお塩を使った調味料も多いです。

 

日本人に欠かせない、お醤油・お味噌にもお塩が使われています。

最近、減塩なんて調味料も多いですが添加物で味をごまかしている物もあります。

 

こだわると切りがないですよね。

せめて、お家で使うお塩くらいは良いお塩にしちゃいましょう。

 

上手にお塩を摂取しましょう!

 

ミネラルを含む良いお塩でも過剰な摂取は、健康を害す恐れがあります。

塩を摂取するのに適した時間もあります。

 

塩をしっかり摂るのは朝にしましょう!

 

塩には身体を温めてくれる作用があるんです。

寝起きの、下がった体温を上げてくれますよ。

 

逆に夜は、活動量が減り塩分を失うことがあまりないので控えましょう。

夜にラーメン食べたら翌朝むくみが酷いなんて経験ありませんか?

夜に塩分の摂り過ぎは、注意しましょう!

 

夏で、良く寝汗をかくなんて時は夜にも塩分必要になります。

気温や体調にあわせて塩分も調整しましょうね。

 

良質な塩を朝にいただくのが吉!ミネラルバランスを整えて活気あるあなたに

 

今回、お塩について見分け方や種類などお伝えしました。

今まで、適当に選んでいたイマドキ女子はこれを機に塩選びを楽しんでみてはいかがでしょう。

輸入食材を扱っているお店だとさらに楽しいかもしれませんね。

天然の身体に良いミネラルを含んだお塩で健康に気遣ってみてはいかがですか?

 

 

 

 

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中