マネーリテラシー が高まる!ファイナンシャルプランナーとは?

人生を生きる上でお金は大切です。

人生を少しでも豊かにしたいのであれば、お金の知識を付けることが必須になります。

 

ファイナンシャルプランナーという職業をご存知でしょうか?

 

この資格を取得することで、あなたは金融のエキスパートになることができ、将来の選択肢が広がります♪

取得しておいて損なし!

お金に関する資格をご紹介します!

 

 夢を一緒に叶えるお仕事・ファイナンシャルプランナー

 

ファイナンシャルプランナーは、お客様の収支・負債・家族構成・資産状況を基に、住居・教育・老後など将来のライフプランニングを資金計画の面からアドバイス・サポートを行う仕事です。

生活していく中で金融はとても深く結びつき、将来のためにも資金に基づくライフプランニングはとても重要。

そんなとき、お金に関するプロである、ファイナンシャルプランナーがいれば、資金計画をサポートしてもらうことが出来ます。

安心して頼れる、力強い存在ですよね!

 

ファイナンシャルプランナーが扱う分野とは?

 

具体的にファイナンシャルプランナーが扱う分野をご紹介します。

  • ライフプランニングと資金計画

家族構成、収入、住宅や自動車ローンの額、資産などを考慮したうえで、お客様にあったライフプランを作成します。

  • 金融商品を取り扱った資産運用

金融商品の種類や知識、資金運用方法などを説明します。

  • タックスプランニング

税金・節税に関する知識(税金の控除を受ける方法、控除額の算出方法、節税方法など)を説明します。

  • 不動産

不動産の知識や、賃貸の有効活用方法を説明します。

  • 相続・事業承継

相続税対策のアドバイスなどを行います。

  • リスク管理

生命保険・損害保険など万が一のリスクを回避できる保険について説明します。

 

ファイナンシャルプランナーの重要性

 

人生には様々なイベントがあります。

親から独立し、自分の力で生計を立てていく力。

結婚し、家族とともに生きていくために必須になる資金管理。

 

「結婚すると、保険に加入するべき?」

「貯蓄をするためにはどうすればいい?」

「夢のマイホームを手に入れるための不動産の知識をつけたい!」

「子供が生まれた場合に備えてしておくべきこととは?」

 

日常生活の中で知っておいて得をすることや老後の人生設計について備えておくべきこと。

挙げればキリがないくらい、お金に密接に関係する問題がたくさんあります。

そういったことに関して、ファイナンシャルプランナーが力になります!

 

FP資格の種類

ファイナンシャルプランナーの資格には3つの種類があり、FP技能士・AFP・CFPに分けることができます。

では早速、3つの資格の違いを説明しますね♪

 

FP技能士のポイント

 

  • 国家資格
  • 1級、2級、3級の3つの等級があり、級が低くなるほど難易度は高くなる
  • 一度取得した資格は有効期限がなく、生涯有効
  • 3級(初級)は資格を取得したい人であれば誰でも受験できる
  • 3級学科試験の合格率は50~70%と結構高め。
  • 2級試験の合格率は35%だが、超えられない壁ではない。
  • 階級によって活動の幅に差が生じる
  • お金の知識をつけたい!という方は3級取得からがおすすめ!

 

AFP(Affiliated Financial Planner)のポイント

 

  • 日本FP協会認定の資格
  • 2級FP技能士と同等レベルの資格
  • 2級FP技能検定に合格し、AFP認定研修の受講修了していることが条件
  • 2年ごとの資格更新が必要
  • 所定の継続教育が義務付けられている
  • より実務に役立つ知識とスキルを学ぶことで取得できるFP資格である

 

CFP(Certified Financial Planner)のポイント

 

  • AFP上級資格
  • 国際資格であり、世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルであることを証明する資格
  • 多くの企業から信頼を獲得できる可能性が高い
  • 2年ごとの資格更新が必要
  • AFP認定者
  • CFP資格審査試験に合格・またエントリー研修を修了する必要がある
  • 一定の実務経験を積む必要がある

 

上記3つの資格はそれぞれ取得難易度や活躍できる範囲が異なります。

今後の日常生活に生かすためにも、金融を学びたい・マネーリテラシーを高めたい方はまずはFP技能士3級資格取得を目指してはいかがでしょうか?

 

またAFPCFPなどの上級資格を取得していくことで、将来の活躍の場は広がるでしょう。

しかし一度取得すれば生涯有効なFP技能士と違って、AF・CFPは2年ごとの資格更新が必須になります。

 

なぜなら、金融商品を取り扱う市場は規制緩和や経済のグローバル化などによって、流動的です。

時代の背景に順応していけるように最新の知識やスキルを学び続けることは必須であり、結果相談者に的確なアドバイスを提供することができるのです。

 

資格を取得するにはどうすればいい?

 

「ファイナンシャルプランナーの資格を取りたいけど、具体的に何をしていいか分からない…」

「どうやって勉強すればいいのか分からない」

誰でも初めは何から始めていいのか分からないものです。
そんなあなたの為に資格取得の為にすべきことをお教えします♪

 

独学パターンか、講座を受講するパターンか

 

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するには、試験に合格しなければいけません。

受検勉強の方法は自分でテキストを購入し、「独学」で勉強するパターンと、通信教育やスクールなどで受講し、勉強するパターンがあります。

全て自分のやり方で勉強し結果を出す独学パターンは、まとまった時間や費用を削ることができます。

 

その反面、数多くある中から自分に合った教材を選ばないといけない、法改正に従って問題を解かなければなりません。

ファイナンシャルプランナー資格試験問題は、税法などの改正に合わせて作成されます。

 

法改正により過去問題の解答が現在とは異なる可能性があります。

その中で、最新の法改正情報を自分でその都度確認することはそれなりに時間と手間がかかります。

法改正のポイントを押さえておくことは試験の合否にとても重要になるのです。

 

その点、通信教育や、スクールで講座を受講するパターンは、費用やまとまった時間は奪われます。

テキスト選び法改正問題に関しては心配することなく、勉強に集中できます。

したがって、FP受検初心者の方であれば、講座を受講することが望ましいでしょう。

 

講座受講はファイナンシャルプランナーへの近道のポイントでもある

 

FP技能検定資格は2級取得から「ファイナンシャルプランナー」として仕事をすることができます。

つまり、ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば、3級ではなく2級から取得することが時間や費用の面を考慮して最良というわけなのです。

しかし2級FP技能士の受検資格は、3級FP技能士等の保有2年以上の実務経験または日本FP協会の認定講座の修了のうち、いずれかを満たすことが要件。

講座を受講することは結構重要だったりします。

 

ファイナンシャルプランナーの就職先とは?

ファイナンシャルプランナーの就職先として、銀行、証券会社、保険会社、信用金庫、クレジットカード会社などの金融業界を挙げることができます。

また不動産業界でも活躍が可能。

タックスプランニングやライフプランニングと資金計画、金融資産運用などに加え、「相続・事業継承」の知識を活用し不動産相続についても力になることが出来ます。

独立し、個人事業主として独自の専門分野で仕事をするファイナンシャルプランナーがいたり、セミナー講師として教える人もいます。

 

ファイナンシャルプランナーの就職先や働き方はたくさんあるのです。

 

お金にまつわる仕事が密接に関係しているため、ファイナンシャルプランナーの需要につながります。

 

ファイナンシャルプランナーを目指そう!

ファイナンシャルプランナーはお金のプロという事。

親近感を持っていただければ幸いです。

金融知識が付きにくい日本において、マネーリテラシーを高めつつ職業にできる資格があります。

 

そしてマネーリテラシーが低い傾向にある日本人だからこそ需要が深まり、お客様の役に立てることがたくさんある職業なのです。

取得しておいて絶対に損はないので、少しでも気になったのであれば是非受検してみてはいかが?

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中