人によって薬は向き不向きがある!それってどんな人?

薬のリスクはどこに潜んでいてもおかしくはありません。

飲み合わせによって引き起こされる副作用があれば、その人の体質や体調によって副作用がでる場合もあります。

 

今回はその【体質体調】について引き起こされる薬のリスクをご紹介します。

人によって薬の向き不向きが異なり、それはどんな人に当てはまるのか。

知っておくことで、リスクを回避できるのです。

 

薬が持つ主な副作用の原因

 

薬が持つ副作用は、多くの人が【薬が効き過ぎているから起こるもの】と考えています。

確かに薬の効き過ぎによって副作用が起こるのは珍しくなく、身体に副作用の症状が現れるのは良くある事です。

(良く起こってほしくはないのですが…)

 

しかし薬の効き過ぎだけが原因ではありません。

薬を飲んだ際に、目的の効果以外の作用が現れる事もあります。

 

基本的にはこのケースが多く、眠くなったり目が痒くなる等望んでいない作用の事を総称して副作用と呼ぶのです。

それ以外にも副作用は、薬を飲んだ本人の健康状態や体質によって、特定の市販薬や処方薬と相性が悪いのです。

 

症状に薬が目的としている効果が強くですぎてしまう

 

例として血圧が高い人向けに血圧を下げる薬を処方して、患者がその薬を飲んだとします。

しっかりと効果を実感できるの人もいれば、薬を飲んだ事によって効果が強くですぎてしまう人も少なくないのです。

 

その場合薬の効果で血圧が下がりすぎてしまい、個人差はありますがふらつき等の副作用が起こります。

市販薬は比較的効果が穏やかで落ち着いているので、処方薬より効果が強くでる事はありません。

 

しかし体調や体質によって、まれに市販薬でも効果が強くでる場合もあります。

効果が強い処方薬なら特に副作用が強くでる恐れもあるでしょう。

 

アレルギーがある人や、過去に特定の薬が身体に合わなかったという人は医師にその事を告げてください。

 

本来の目的とは異なる作用が現れる

 

風邪や花粉症等の薬を飲んで眠くなったり、その他本来の目的とは異なる作用が現れたら副作用です。

薬と副作用は切っても切れない関係性であり、薬の飲み方が正しくなかったり意図的に副作用が起こる場合もあります。

 

薬は症状に直接ダイレクトに効くというよりは、血液の流れによって全身に運ばれてから症状に効きます。

薬を飲むという事は、副作用は大小にかかわらず伴うのです。

 

そもそもの性質として、副作用のリスクは0ではないという事を覚えておきましょう。

 

薬にもアレルギー反応が起こる

 

人によっては薬にアレルギー反応が出て、それが副作用となる事もあります。

症状としては以下が挙げられます。

 

  • 湿疹
  • 痒み
  • くしゃみ等

 

全ての薬に反応というより、特定の薬に含まれる成分が問題です。

アレルギーはご自身でよく理解を深めなければなりません。

 

あなただけでなく医師や薬剤師が処方する薬にも影響してきますので、特にアレルギー持ちの人は注意しましょう。

例えば風邪にはこの薬が一番効くというものでも、その薬に含まれる成分が合わないという事が存在します。

 

人によっては効く薬でも、中には飲んで症状が重くなる人もいます。

効くからこの薬ではなく、あなたの体質がこれだから違う薬を飲むという認識が大切です。

 

薬の飲み合わせで望まない作用が現れる

 

以下は【相互作用】といい、注意しなければならない問題です。

 

  • 市販薬市販薬の組み合わせ
  • 処方薬市販薬の組み合わせ
  • 処方薬、または市販薬食品の組み合わせ

 

薬に含まれる効果が飲み合わせによって重複してしまったり、化学反応を起こして薬物中毒を引き起こしてしまう場合があります。

 

  • 症状をもっと緩和したい
  • 一刻も早く病気を治したい
  • 昨日飲み忘れたから2日分一気に飲む

 

これらのせいで意図しない症状が現れ、最悪命の危険を伴います。

薬の重複効果は特に要注意です。

 

体質やその時の健康状態によって副作用が発生するものもあります。

よくある身近な問題として挙げられるのが飲み方です。

 

【お茶】【紅茶】と一緒に薬を飲む人がかなり多い傾向にあります。

万が一カフェイン配合の薬と一緒に飲んでしまったら、カフェインの摂り過ぎで睡眠障害を発症する場合もある為とても危険です。

 

副作用がでやすい方法ですので、絶対に薬を飲む際は、水かぬるま湯で飲みましょう。

 

「薬の副作用かも?」と感じたら飲むのを止める

 

普段飲んでいる薬なら問題はありませんが、処方薬または市販薬を初めて飲んだ時、少しでも違和感を感じたら飲むのを中止してください。

【いつもと違う】が早期発見のカギとなる場合が多く、違和感を覚えて「薬の副作用かも?」と思ったらすぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

 

副作用にも色々あり、全く気付かないものもあれば、飲んで数時間経たない内に大変な事になるくらい重いものまであります。

 

どんなに重い副作用でも、必ず初期症状が起こるものです。

 

  • 身体が痒い
  • 眠気が酷い
  • 湿疹がでてきた

 

人によって症状は異なるものの、いつもと違うという違和感を感じたらすぐ病院に行ってください。

病院で薬を処方された場合、副作用について医師や薬剤師から告げられる場合があります。

 

市販薬はパッケージの側面や背面に注意書きが書かれている事がほとんどです。

どのような時に副作用がでて、こんな人は副作用の症状が現れやすいと書いています。

 

事前に副作用の症状を知っておくと、早期発見に役立ちます。

薬の副作用を経験した事がある人は、副作用の恐ろしさを理解している事でしょう。

 

似たような薬でも副作用が起こる事も全然考えられますので、普段飲まない市販薬を購入する際は一度薬剤師に相談するのが賢明です。

 

薬の事は随時【おくすり手帳】に記録しておく事も重要です。

あなたの身体の為ですので、しっかりと管理しましょう。

 

具体的に副作用はどんな人に起こりやすい?

 

これまでご紹介した通り、副作用は誰にでも起こる可能性があるだけで必ずしも起こるとは限りません。

その人の年齢性別、更には体質体調等様々な要因によって副作用が起こります。

その中でも特に注意の必要があるのは、以下の様な人です。

 

  • アレルギー体質の人
  • 高齢者の方
  • 肝臓や腎臓の働きが弱っている人
  • 複数の薬を飲んでいる人

 

アレルギーは持ちの人は、自分のアレルギーが何なのかをよく理解してください。

もし市販薬を購入する際に迷ってしまったら、薬剤師に自分のアレルギーを伝えて薬をチェックしてもらうのもOKです♪

 

内蔵が弱っている人も、副作用が起こりやすいのです。

アレルギー持ちの人と同じ様に、薬を購入する際は薬剤師に相談してください。

飲み合わせや自分の体質等で副作用が現れやすいので、注意しましょう。

 

副作用の発生頻度は今でも不明

 

副作用の発生頻度は薬の種類によって異なります。

その為、確実に何パーセントの確立で副作用が発生するという事は断言できません。

 

ビタミン剤といった一部のサプリメントの様に、ほとんど副作用のない物から抗ガン剤のように、頻繁に起こる薬まで様々。

実は残念な事に、薬による明確な副作用の発生頻度は分かっていないんです…

 

一応薬の使用成績調査等で得たデータが存在するのである程度の目安になりますが、全ての薬がそうとは限りません。

何度もご紹介してきましたが、分からない事は医師や薬剤師にしっかりと相談!

そのままにしておく事だけは避けてください!

 

何かあってからでは遅いのです。

全ての副作用が身体に害をもたらす訳ではありませんが、副作用の多くは症状の悪化に繋がります。

今一度自分の身体や健康と向き合って、上手に薬と付き合っていきましょう!

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中