2月でもキャバクラに来てもらう方法

「2月の閑散期でもどうにかしてお客様に来てもらいたい。。」なんて、お悩みではないでしょうか。

2月になったら一気にキャバクラへの客足が減るということは珍しくありません。

しかし、急にお客様が減ると、お店にとっても女の子にとっても大ダメージです。

そこで今回は、2月でもお客様にお店に来てもらえる方法をご紹介していきます。

お客様を呼ぶための秘訣を知って、2月でもいつも以上にお客様を呼べるようになりましょう!

2月のキャバクラは客入りが悪い?

2月のキャバクラは、客入りが悪くなることが多いです。

一般的には、2月は水商売の閑散期だと言われています。

閑散期とは、お客様が来なくなる暇な時期のことです。

キャバクラが閑散期になると、待機時間が短くなったり、早上がりが増えたりという日が続きます。

そうなってしまうと、今までと同じように稼げなくなるのです。

特に、1月は新年会シーズンで稼げていたキャバ嬢も多いと思います。

2月は1月からの落差がとても大きいので、心の準備をしておかなければ驚いてしまうはずです。

しかし、2月でも工夫次第ではお客様に来ていただける方法があります。

具体的に確認していきましょう。

2月でもお客様にお店に来ていただく3つの方法!

2月でもお客様にお店に来ていただく方法には、以下のようなものがあります。

  1. バレンタインデーを活用する
  2. 営業メールをていねいに送る
  3. 写メ日記を頻繁に更新する

これらの方法を実践することによって、閑散期の2月でもお客様に来てもらいやすいとされています。

特に、バレンタインデーは2月特有のイベントなので絶対に意識しておくべきです。

それでは、それぞれの方法について順番に確認しておきましょう。

方法1.バレンタインデーを活用する

2月は閑散期ですが、バレンタインデーという男女のイベントがあります。

バレンタインデーを上手く使うことで、2月でもたくさんのお客様に来ていただくことが可能です。

閑散期とはいえ、イベントごとはやっぱり盛り上がりやすいとされています。

バレンタインデーでは、お客様にチョコレートをプレゼントしましょう。

既成品でも問題ないので、たくさん準備しておけば安心です。

そして、今までに来てくださったお客様にも営業メールをどんどん送ってください。

「○○さんにチョコレートを渡したいな。。」と言われて、嫌な思いをする男性は少ないです。

たとえ営業メールだとわかっていてもついついお店に行きたくなってしまいます。

このように、自然に営業できるバレンタインデーの時期はなんとしてでも活用しましょう。

方法2.営業メールをていねいに送る

営業メールを欠かさないのは、2月のキャバ嬢には必須な項目です。

お客様に連絡をすることによって、意外とお店に来ていただけることも珍しくありません。

ちょっと慣れてきたキャバ嬢だと、「営業メールは意味がないし面倒。。」なんていう人もいます。

しかし、それはもったいない考え方に他なりません!

いつでもメールをして連絡を取り合ってくれる女の子をお客様は気に入りやすいのです。

お客様に好感を持ってもらえれば、閑散期にどうしても来てほしいと頼めばお店に来てもらいやすくなります。

暇な時間に積極的に営業をするだけでも意味があるので、諦めずに行ってください。

バレンタインデー周辺以外にお客様を呼べたら、かなりポイントが高いです。

方法3.写メ日記を頻繁に更新する

写メ日記を頻繁に更新するのも、お客様にお店に来ていただきたいのであれば必須です。

閑散期でお客様が少ない時期だとしても、いつも通り写メ日記は更新してください。

お客様はお店にいらっしゃらなくても、案外写メ日記だけは見ています。

もしも好印象を与える写メ日記を更新できれば、閑散期でもお客様は来てくださるはずです。

写メ日記はどんな時期でも非常に重要なので、お店が暇な時期は特にどんどん更新していくのが良いとされています。

たとえば、可愛い写メやセクシーな写メは、お客様受け抜群です。

「写メ日記をこまめに更新してもお客様が来ないしもういいかな。。」なんて、思うときもあるかもしれません。

しかし、客足が少ないときの努力はお店側も評価してくれます。

お店に気に入られていて損することはないので、そういう意味でも写メ日記でアピールは行っておきましょう。

以上が、2月の閑散期でもお客様にお店に来ていただく方法でした。

どれも難しいことをする必要はないので、確実にやっていきましょう。

これらの努力をどれだけ行ってもお客様に来てもらえないなら、客入りの良いお店に移るのもアリです。

2月でも客入りの良いお店に移るのもアリ!

2月でも客入りの良いお店は存在しています。

客入りの良いキャバクラとは、以下のようなところです。

  • 新しいお店
  • 在籍のキャストが少ないお店
  • 知名度のあるお店

これらのお店を選べば、いつでも同じくらいお客様がいらっしゃる状態で働くことが可能です。

新しくて在籍キャストが少ないお店なら、あなたが入って人気を獲得することも夢ではないでしょう。

したがって、お店を移る気があるのであれば、これらの条件に当てはまるところを選んでください。

そうは言っても、なかなかお店を移る決断ができずに悩んでいるキャバ嬢は少なくありません。

移った先で本当に稼げるのかが不安に思う女の子は多いのです。

今のお店に明らかな不満がなければ、すぐに移籍を決められないと思います。

お店を移ることに不安があるのなら、まずはプロに相談してみましょう。

キャバクラを移るならプロに相談しよう

キャバクラを移るときのお店選びはプロに相談するのが安心です。

自分だけで客入りが良くて稼げるお店を見つけようと思っても、なかなか上手くいかないと思います。

求人情報では良さそうに書かれていても、実際に働いてみると前情報と違うということは珍しくありません。

お店を移ってから、「こんなはずではなかったのに。。」なんて後悔するのは避けたいですよね。

そんなとき、プロに相談するのが良いでしょう。

身近に心当たりがないというときは、以下のLINE@から相談することができるので試してみると良いです。

LINEなら、気楽にちょっとした時間に相談することができます。

あなたが稼ぎやすいキャバクラを教えてもらうこともできるので、ぜひ相談してみてください。

まずはLINE@に登録するのがオススメ!

まずは気楽にLINE@を登録してみましょう。

プロは無料で相談に乗ってくれるので、特に何の準備も必要ありません。

客入りが良くて稼げるキャバクラに移りたいという気持ちさえあれば、それだけで大丈夫です。

ご説明した通り、閑散期のキャバクラは稼ぎにくいのでお店選びが非常に重要となります。

しかし、自分だけで最適なお店選びをするのは難しいです。

プロに相談することによって、簡単にあなたにとって良いお店を教えてもらえます。

もしもまだお店を移ることが確定していないとしても、今のお店での働き方の相談をすることが可能なので気楽に連絡してみましょう。

まとめ

2月はキャバクラの閑散期なので、お客様に来てもらえるような工夫をしなければなりません。

お店によっては、ほとんどお客様が来ないというくらい客入りが悪くなることもあるのです。

努力をしてもお客様が増えないようであれば、いつでも客入りの良い稼ぎやすいキャバクラに移るのも良いでしょう。

悩んだらまずは以下のLINE@からプロに相談してみてください。