一人暮らし前に盗聴器チェック!チェックのやり方と見つけた場合の相談相手

 

心機一転!新しい新居に引っ越してこれから頑張るぞ!と意気込むそこのあなた!

水を差すようで本当に申し訳ないんですが…

盗聴器チェックはお済ですか?

 

盗聴器とはいうまでもなく、他人のプライバシーを勝手に盗み聞きする機器の事。

今後あなたが新居で快適な暮らしを実現する為には、盗聴器が部屋に設置されていないか確認する必要があります。

とても簡単にチェックできますので、被害が大きくなる前に対処しておきましょう。

 

あなたの部屋は大丈夫?犯人がこっそり仕掛ける部屋の特徴

 

ただでさえ盗聴器という存在が怖いのに、それが女子の家で見つかったらめちゃくちゃ怖いですよね…

よくテレビの特集で盗聴器の反応が出た家を調べる場面が放送されていますよね。

テレビ内でのお話だけではなく、実際に年間で約32,000個が発見されているといわれているんです!

 

その中で特に発見率が高いのが、私たちが住んでいる一般家庭です。

盗聴器が仕掛けられている部屋の特徴としては、以下が挙げられます。

 

  • 頻繁に変な電話が掛かってくる
  • 知人や恋人から置物のプレゼントをもらった
  • 見覚えのないコンセントタップがある
  • 引っ越し前後に関わらず泥棒に入られた事がある

 

引っ越したばかりだし、自分は被害に遭わないと油断している人は要注意ですよ。

昔は専門店にしか売られていなかった盗聴器ですが、ネットが普及した今では誰でも手軽に入手する事が可能になりました。

 

考えたくもありませんが、あなたの身近にいる人が盗聴器を仕掛けた犯人の可能性だってあります。

もちろん全然知らない人の可能性だって十分に考えられます。

年々盗聴被害の件数は増えてきていますので、あなたの家は大丈夫かチェックしましょう。

 

盗聴器はこうやって見つけるべし!

 

盗聴器は専門の方にお願いするのが一番手っ取り早い発見方法です。

しかし費用が高い上に、あまり人を自宅に入れたくないもの。

私がそうです!

できる事なら自分で自己解決したいですよね。

設置された盗聴器を見つけ出すには、以下の方法を実践してみましょう。

 

定番の方法で見つけ出す

盗聴器には様々な種類が存在します。

それぞれに合った発見器を使用しないと見つからない物もあります。

その場合多少コストは掛かりますが、確実に場所を特定できる方法です。

一般的な盗聴器を挙げます。

 

【アナログ電波を利用する盗聴器】

  • VHF帯
  • UHF帯

 

【ステルス盗聴器と呼ばれている盗聴器】

  • リモコン式盗聴器
  • スクランブル盗聴器
  • デジタル盗聴器

 

これらのそれぞれに合った発見器を使用しなければなりません。

大きな業務用の物ではなく、コンパクトで手軽なハンディタイプの受信機を買われる人もいます。

トランシーバーみたいな形で電波を受信し、発見します。

 

ラジオ電波で見つけるのも1つの手段

専用の発見器はちょっとハードルが高いという人は、FMラジオを使うのも1つの手段です。

イマドキFMラジオを聞く人も少なくなりましたが、持っているのであれば利用してみましょう。

盗聴器の多くはFMラジオの周波数を使っています。

以下の手順を行えば、高確率で設置場所の特定が可能です。

 

  1. FMラジオが受信可能なラジオを手元に用意する(基本的には何でもOK)
  2. 調べたい部屋に音が鳴る物を設置する(テレビやスピーカー等)
  3. FMラジオの電源を入れる
  4. 周波数を低い状態からゆっくり徐々に上げていく

 

これで盗聴器が見つかるのです。

仮に周波数で動いている盗聴器がどこかしらに設置されているとしたら、設置したスピーカー等から反応があります。

例えば盗聴器を仕掛けやすいコンセント周りにラジオを近付けてみましょう。

 

ハウリングを起こしたり、ラジオの音に違和感を感じたらそこに盗聴器があります。

これはFXラジオの周波数を使った盗聴器を見つける事に特化した方法ですので、念の為他の方法も試してみる事が賢明です。

 

道具に頼らず発見する

目視で探し出すのも、重要な発見方法の1つです。

これといって特別な道具は必要なく、ここら辺にありそうだなと思った所を手当たり次第探していきます。

一見「そんなんじゃ見つかる訳がない」と感じますが、機械の電波では発見しづらい場合もあるのです。

そんな時は目視で確認するのが1番なのです。

 

  • エアコン周辺(エアコンの上部や吹き出し口)
  • コンセント周り
  • スマホのアプリ(近年盗聴アプリの被害が加速しています)
  • 時計の内部
  • インターホンの内部
  • 電灯のカバーの中や上部
  • ぬいぐるみ等プレゼントの中
  • パソコン内部
  • タンス
  • 車の中等

 

一部例として挙げましたが、これだけたくさん出てきます。

「まさかこんなところにも!?」という感じで、意外な場所に案外隠れていたりするので怪しい所はとにかく全部探しましょう。

 

発見器が間違って反応する時ってあるの?

 

盗聴器以外の電子機器に対して、誤認識する可能性は十分に考えられます。

特に簡易型の発見器や、電波に過剰反応してしまう発見器は誤動作を起こすといわれているのです。

何故誤動作を起こしてしまうのか。

理由は大きく分けて2つあります。

 

  • 電波の受信感度が弱くて反応しない
  • 盗聴器から発せられた電波に似た電波をキャッチしてしまう

 

簡単な構造をしている発見器で反応してしまうものは以下が多いといわれています。

  • 一部の家庭用電化製品
  • LED電球
  • 旧型のパソコン(ディスプレイ)
  • タクシー等の無線から発せられる電波

 

私たちが生活をしている中には、様々な電波がバンバン飛び交っているのです。

一部の発見器では、かなり近付かないと反応してくれないものまで存在します。

発見器を購入される方は十分に注意してください。

 

スマホアプリで見つけられるって聞いたけど本当なの?

最近ではスマホアプリで設置場所の特定が可能といわれていますが、アプリで盗聴器の場所を特定する事はまず不可能と考えましょう。

その理由として2つ挙げられます。

 

  1. スマホ等の電子機器は、盗聴する際に使う電波が受信不可
  2. 電波を受信したとしても、ステルスタイプの盗聴器は発見不可能

 

スマホやタブレットはある程度周波数帯(バンドとも呼ぶ)が決まっていたりするので、全ての盗聴電波を受信できるとは限りません。

盗聴器の中には電源の切り替えが可能な物もあり、アプリでの発見が難しい場合があります。

発見不可能な場合は、FMラジオや市販の発見器を使用する事が望ましいのです。

 

盗聴器を見つけた場合の相談相手

 

万が一盗聴器を発見した場合、すぐに警察や弁護士に相談しましょう。

誰が仕掛けたか分からないので、こういった事態は早めの対策が望ましいです。

仮にストーカー被害に遭っていて今回引っ越しをされた場合、犯人はしつこくあなたを狙ってくる可能性が十分に考えられます。

 

これ以上被害を拡大させない為にも、盗聴器を見つけたら警察や弁護士に相談しましょう。

万が一犯人が判明したら慰謝料等が貰えるケースもあります。

ストーカー被害に遭う事はもちろん、盗聴器が仕掛けられていたという事実が精神的なダメージを負うのです。

まだ見つけていない人は他人事だとは思わず、身の回りのチェックからしていきましょう。

 

不安が大きい場合はプロに任せてしまう

 

  • 無言電話が多い
  • 自分しか知らない内容を他人が知っている

 

こういった予兆がある人は盗聴器が仕掛けられている可能性が大きいのです。

女性の一人暮らしでこんな事が起きたら、怖いと感じるのも無理はありません。

気味が悪く、なによりとても怖いですよね。

 

自分に家に帰るのが怖くなり、次第に誰も信用できなくなるのが盗聴器の恐ろしさでもあります。

自分であれこれ問題解決するのも良いですが、不安が大きいようならプロに任せてしまいましょう。

盗聴器発見のプロなら、1日で全ての盗聴器を取り除いてくれる期待が持てます。

 

もしくはこちらも試してみるのも1つの手です。

女性の一人暮らしは不安がいっぱい。防犯カメラのいろはを知って快適な暮らしを送ろう

2019年3月27日

 

見つかったら警察に相談。

とにかくあなた自身の不安を大きくさせない事が重要なのです。

 

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中