FX初心者は2つの分析を使え!テクニカル分析とファンダメンタルズ分析について

 

初心者がFXを始めるに当たって、重要な分析方法が存在します。

それが【テクニカル分析】と【ファンダメンタルズ分析】

相場の分析を行い、実際に取引を行って初めて一人前と呼べるようになります。

 

しかし一概に相場分析といわれてても、イマイチ理解が出来ません。

ここではこの【テクニカル分析】と【ファンダメンタルズ分析】についてご紹介していきます。

 

2つの相場分析方法の違いや特徴

 

2つの分析方法の説明をする前に、そもそもFXって何?と疑問を持った人はこちらを先に読んで理解を深めましょう♪

 

初心者が感じるFXとは?現代にピッタリの投資スタイルだった

2019年2月22日

低資金でも大丈夫!FX初心者への始め方

2019年3月3日

 

将来的にしっかりとした資産運用をしていくのであれば、この2つの分析方法を知っておくと今後効率良く利益を出して行けます。

「FXを始めたばかりで、どうやって分析をしたら良いのか分からない」

「自分にはどんな分析方法が合っているのか知りたい!」

そんなあなたに詳しく解説していきますよ!

 

テクニカル分析

一言でテクニカル分析を説明すると、短い期間内で相場を分析する事に特化した方法です。

過去のチャートを見た時に、トレンドやパターンを把握して値動きの予想を立てていくというものです。

実際のチャートと過去のチャートの動きを見て、似たような動きであれば同じようなパターンになる可能性が高いといわれています。

 

テクニカル分析は、主にチャートから【取引可能ですよ!】というサインを見つけ出すのが目的です。

これができるようになると取引するタイミング損切り、さらには利益確定を行うのかの判断ができるようになります。

テクニカル分析の主な特徴、およびメリットとデメリットは以下です。

 

メリットデメリット
分析力次第で予測の精度を上げる事が可能売買情報にダマシが発生する場合がある
相場の動きは取引ツールを見ただけで分かる過去に似てる相場が合ってもパターンが同じとは限らない
経済の知識は特に必要なくてもOK実際の売買情報から少し遅れて情報が入手される
チャートだけ意識しておけば良い突然大きな問題に直面しても対処できない

 

そしてテクニカル分析は投資家の心理状況も同時に表しています。

必ずしも自分が思った通りの値動きをするとは限らないのがFXです。

これをダマシといいます。

テクニカル分析では特に気を付けて欲しいもので、このダマシがある可能性も念頭に置いて取引をしましょう。

 

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、長期的な相場を分析する事に特化した方法です。

ニュースや情報を集めて各国の経済を把握し、相場を分析する事です。

いくらテクニカル分析が上手くても、相場の流れを読み間違えてしまっては利益に繋げる事が難しくなります。

 

ですかこのファンダメンタルズ分析を理解すれば、単純に景気が上がれば通貨の価値も上がります。

要は経済指標を理解して行う分析方法という事です。

日本を含むどの国も経済指標を定期的に発表していますので、世界の経済の流れを知る事で通貨の変動もある程度知る事ができます。

ファンダメンタルズ分析の主な特徴、およびメリットとデメリットは以下です。

 

メリットデメリット
経済状況によってポジション決済などの準備ができる経済状況を知るまでに多少のインターバルが発生する
中長期的な予測が立てやすい具体的なエントリーポイントが分かりづらい
リスクの回避がしやすい為替レートがどう動くのかが分かりづらい

 


テクニカル分析が売買の判断を強化する役割なら、
ファンダメンタルズ分析は相違の方向性を見き分ける役割を担っているといえます。

 

初心者はどっちの分析方法を使えば良いの?

 

メリットやデメリットを挙げましたが、FXを始めたばかりの初心者的にはどっちの分析方法が良いのか。

結論からいうと、人それぞれです。

初心者からベテラントレーダーまで、自分に合った分析方法は異なります。

 

初心者の中でもテクニカル分析が向いている人もいれば、ファンダメンタルズ分析の方が向いているという人も存在する程です。

あなたはどっちの分析方法に向いているのか、今ここでチェックしてみましょう♪

 

テクニカル分析はこんな人向け

1日で何回も取引をしたいという、スキャルピングトレード重視の人はこのテクニカル分析が向いています。

様々なツールを活用し、過去の値動きを見てこれからの相場はどう動くというのを予想して分析を行います。

数字に強く、考察分析が得意という人が向いているといえるのです。

そしてファンダメンタルズ分析より古い分析方法です。

 

世界各国で良く使われているのも、このテクニカル分析といわれています。

今やベテラントレーダーとして投資の世界に身を投じている人も、元を辿ればあなたと同じ初心者でした。

経済の知識が全く必要なく、初心者でもできる分析方法といわれている事からテクニカル分析が選ばれるのも理由の1つです。

 

ファンダメタルズ分析はこんな人向け

スワップポイントを狙って、長い期間で資産運用を考えている人向けの方法です。

テクニカル分析とは異なり経済の知識が必要になります。

現状の情報だけで、ある程度の予想が立てやすい事が魅力の分析方法といわれています。

 

毎日の経済状況はニュースやネットで確認が可能な時代。

今こういう動きをしているから、きっとこんな感じで値動きするだろうとそれなりに分析ができるのです。

日頃から経済状況をチェックしてる人や、ある程度経済の知識を持っている人はこのファンダメンタルズ分析が向いています。

 

例えば…

「日本の経済は今不調だから、もしかすると円が将来的に売られるのでは?」

 

このような考察をする人は、もう既にファンダメンタルズ分析を行っています。

こんな状況だから、きっと未来はこうなると考えられる人向けの分析方法がファンダメンタルズ分析なのです。

世間のニュースや経済を分析するのは難しいといわれますが、普段からそのような環境で生活をしてきた人は身構える必要はないのです。

 

どっちかの分析方法に偏る必要はない

 

FX初心者向けに2つの分析方法をご紹介しましたが、いってしまえば状況に合わせて使い分ける事が大事になります。

ただ、自分は絶対にこの方法でFXをやっていくんだ!というのであれば、好きな分析方法でやっていくのも全然アリです。

 

  • 短期で分析をするのなら【テクニカル分析】
  • 長期で分析するのなら【ファンダメンタルズ分析】

ざっくりとこんな感じ♪

 

ここでいえる事は、どっちの分析方法も理解しておくと幅広い視野で利益を出していけるという事。

1円でも多く利益を出す為には、どっちも学んでおいて損はないのです。

両方学んで、最終的に自分はどっちの方が向いているという判断をするのが一番です。

 

広い視野が利益を出すカギ

 

テクニカル分析1本で取引をした人がいたとします。

しかし過去の情報に踊らされて1分前までは安定したチャートだったのに、1分後には大暴落したという事例はまれに存在します。

この時ファンダメンタルズ分析を行っていれば、ある程度の値動きを予測できますからしっかりと準備をする事ができるのです。

 

準備とは、すなわち戦略です。

投資をする上で戦略は必要不可欠。

逆にファンダメンタルズ分析1本で取引すれば、情報を得るタイミングを逃す可能性もあります。

為替レートが動いてしまうともう取引はできません。

 

つまりチャンスを逃してしまう原因にもなるという事です。

そこで1つの情報を鵜呑みにしないで、広い視野を持つ事が重要になります。

FX初心者は、テクニカル分析またはファンダメンタルズ分析をやりつつ、もう1つの分析も行うのが安心という事ですね♪

 

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中