社会人で夜職を掛け持ちするのはアリ?

「社会人になったけれど、金銭面に不安があって夜職を掛け持ちしたい。。」なんてお悩みではないでしょうか?

せっかく社会人になったとしても、安心して暮らせるほど稼げている女の子は少ないです。

どれだけお仕事で成果を出してもお給料につながらずに悩んでいる場合もよくあります。

そのようなとき、夜職を掛け持ちするのは非常にオススメです!

今回は社会人が夜職を掛け持ちするメリットやコツについてご紹介していくので、ぜひあなたも夜職を始めてください。

社会人が夜職を掛け持ちするのはアリ!

社会人が夜職を掛け持ちするのはアリです。

夜職を本業と掛け持ちすることによって、金銭的にかなり安定した生活を送ることができます。

ちなみに夜職とは、一般的には水商売のことを指す場合が多いです。

たとえばキャバクラやスナック、ラウンジでのお仕事となります。

社会人といっても金銭的に満足した暮らしができているという人は少ないです。

しかし夜職をすれば、収入の面で不満を覚えることは一気に減るでしょう。

「本当にみんな夜職をやっているのかな。。」なんて、疑問に思った人も多いのではないでしょうか。

実際、副業として夜職をしている女の子はたくさんいます。

実際に副業で夜職をしている女の子は多い

実際に副業で夜職をしている女の子は多いです。

あなたの周りにも、退社してから夜職に向かっているという女性はいる可能性が高いとされています。

特に社会人で一人暮らしをしている場合には、本業だけの収入では生活が苦しくなりやすいです。

したがって、一人暮らしをしているのにお金に不自由していなさそうな人が周りにいるなら、夜職の掛け持ちが考えられます。

それではここからは、夜職を掛け持ちしたらどれくらい稼げるのかについて見ていきましょう。

夜職を掛け持ちしたらどれくらい稼げる?

夜職を掛け持ちしたら、本業の収入と同じくらいの金額は稼げるはずです。

まず大卒新社会人のお給料の平均額は、20万3,000円程度だとされています。

これは、厚生労働省の2016年の調査によるものです。

夜職をした場合、本業の収入の2倍が1ヶ月の総収入の目安になるので、以下のようになります。

20万3,000円×2=40万6,000円

1ヶ月に40万円稼げたら、生活に困ることもなくなりますよね。

もちろん夜職の方の出勤日や出勤時間を減らせばこれよりも総収入は減ることがあります。

しかし、それでも夜職は高時給なので何もやらないよりも断然生活は安定するはずです。

「そうは言っても、社会人が夜職を掛け持ちできるのか不安がある。。」なんて、思っている女の子も多いのではないでしょうか。

ここからは、社会人が夜職を掛け持ちするときに知っておくべきポイントを見ていきます。

社会人が夜職を掛け持ちするポイント

社会人が夜職を掛け持ちする際には、以下のようなポイントを意識するべきです。

  1. 夜職には本業との掛け持ちであることを伝える
  2. シフトに自由が効きやすい職場を選ぶ
  3. 社会人が多い職場を選ぶ

これらのポイントを押さえておけば、納得のいく職場選びをしやすくなります。

それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

ポイント1.夜職には本業との掛け持ちであることを伝える

夜職の面接では、本業との掛け持ちであることをしっかり伝えるべきです。

「掛け持ちなんて言ったら、不採用になるかもしれない。。」なんて、不安に思う人もいると思います。

しかし、夜職は掛け持ちだとしても不採用になる確率は低いです。

むしろ掛け持ちということを伝えていなくて、あとからお店側が求めるくらいのシフトが組めない方が問題となります。

したがって、トラブルを防止するためにも事前に昼職との掛け持ちであることを言っておきましょう。

夜職は昼職と掛け持ちしている人も多いので、やる気さえあれば問題になりません。

ポイント2.シフトに自由が効きやすい職場を選ぶ

夜職のお店を選ぶときには、シフトに自由が効きやすい職場を選ぶべきです。

職場選びの際には、やはり時給がどれだけ高いのかが一番気になると思います。

しかし、時給だけで職場選びをするのはおすすめできません。

なぜなら、いくら高時給だとしても昼職と掛け持ちするのが難しいようなシフトを求められた場合、長続きしないためです。

「最悪は昼職をやめても良いかも。。」と思っているのでなければ、シフトについてはしっかり確認しておいてください。

シフトに関することは求人情報を見てもハッキリと書かれていないことも多いです。

その場合、面接に行ったときに詳しく話を聞かせてもらいましょう。

ポイント3.社会人が多い職場を選ぶ

職場選びの際には、社会人が多い職場を選ぶこともポイントです。

夜職はお店によってはほとんどのスタッフが学生ということもあります。

もちろんそのようなお店であなたの社会人ならではの魅力を出せるのであれば問題ありません。

しかし、あまり夜職に慣れていないのであれば、自分の雰囲気や年齢がお店に合っていたほうが安心です。

なので、お店選びの際には店舗のお客様用ホームページを見てどのようなスタッフが多く働いているのかを確認しておきましょう。

確認して面接に臨んだ上で、面接担当者にも詳しく聞いておけば後悔することはなくなります。

以上が、社会人が夜職を掛け持ちするときに意識しておくべきことでした。

どのポイントも難しいことではないので、お店選びの際に参考にしてください。

ただし、「どうしても職場選びを失敗したくない!」とお考えなら、事前にプロに相談するのが確実です。

夜職についてプロに相談してみよう!

夜職については、プロに相談するのが良いです。

さまざまな夜職のお店の中でも、社会人が掛け持ちで働きやすいお店はたくさん存在しています。

たとえば、女の子が優しいお店や、オーナーや先輩がていねいに講習してくれるお店は非常に働きやすいです。

ポイントを押さえた上で、せっかく夜職にチャレンジしてみようと思ったのであれば、働きやすいお店を選んだほうが安心できます。

あなたにピッタリのお店を見つけることができれば、社会人生活が楽になるはずです。

しかし、自分でインターネットなどで求人情報を読んだだけでは、どのお店が初心者でも働きやすいのかはわからないと思います。

プロに相談すれば、夜職を掛け持ちする際のさまざまな悩みについて相談に乗ってもらえます。

派遣キャバクラについて知りたいなら、以下の記事が参考になります。

まとめ

社会人は、夜職を掛け持ちしている女性もたくさんいます。

なぜなら、昼職だけではなかなか満足のいく生活ができないためです。

昼職との掛け持ちを歓迎している夜職のお店も多いので、少しでも興味があるのならぜひ挑戦してみてください。