チャレンジ!10連休ダイエット!

 

寒い冬が終わり、身にまとっていた衣類がどんどん薄くなりお腹や二の腕がちょっと気になり始めてきた人も多いのではないでしょうか。

ヨガインストラクターでもあるこのpaluもヨガやセラピーなど体の知識がなかった頃は間違った知識でダイエットしていて全然結果が出ず悩んでいました。

当時は、運動も大嫌いだったので筋肉はないし脂肪が多く浮腫みで顔も体もパンパンでした。

 

今では、ライター業などの座り仕事が多いのですが以前のように「太ってどうしよう〜!」ということはなくなりました!

今回はこのGW中の10連休でできるものをご紹介いたします。

いつまでも使える知識なので覚えていただけると嬉しいです♪

 

まずダイエットの意味を再認識しよう!

 

いきなり脂肪や体重を落とそうなんて考えると失敗に終わります。

“ダイエットは痩せることではなく健康な状態に戻すこと”です。

 

ダイエットするとげっそりしてしまう人、すぐリバウンドする人の多くはこの認識が痩せることにしか重きを置いていないのであまり良い結果を得られません。

ダイエットを痩せることだと勘違いしているといつまでたっても太ってダイエットの繰り返しになります。

そもそも健康状態を保てば自然で生き生きとした心と体を維持する事が可能です。

 

人によって目標の体重や見た目はあるかもしれませんが私がお伝えするダイエットは実際に“見た目が変わった”という方が多かったダイエットを目標にする生徒さんたちにやってもらっていたものです。

 

ダイエットは浮腫みを取るとこから!

 

浮腫み(ムクミ)は顔や脚だけではなく全身に存在します。

浮腫みを取るだけで、体重はそんなに変わらなくてもフェイスラインや目元、首元や足などもスッキリとした印象になります。

浮腫みとは、そもそも何なんでしょうか?

その正体は、余計な水分や老廃物です。

 

浮腫む原因は、リンパの流れが悪かったり、血液がドロドロだったりすることで引き起こされます。

浮腫みにくい体をつくるのに今すぐ出来ることといえば水分補給して排尿することです。

 

浮腫んでいる方の多くはトイレにあまり行かない、水分を取らない、コーヒーなどの利尿作用の多いものを好む、アルコールをよく摂取する、筋肉が少なすぎるなどの原因が挙げられます。

細かい栄養学のことまでいえば、塩分濃度のアンバランスやビタミンB群が足りていないことなども考えられます。

 

具体的に何をすればいいの?

 

ここまで読み進めていただいたのなら、ダイエットの概念も痩せることから健康的な状態へ、浮腫みを取ることで見た目が変わることや原因などもお分かりいただけたと思います。

実際に何をすれば良いかをここからお伝えしていきます。

 

食生活でインナーダイエット

 

がむしゃらに運動を頑張っても効果が得られない方も居ます。

そんな方の多くは食生活が偏っていたり、ATPと言われるエネルギーなどが体内で作られにくいことから痩せにくくなります。

 

私は運動などよりもまず体内の栄養バランスを良くしてあげる事や内臓面の健康を重きに置くのが重要だと考えています。

そうする事で結果も出やすくリバウンドしにくいからです。

ただ今から紹介するものの中から出来る事だけ、自分に合うと感じたものだけやってみてくださいね!

 

paluオススメ食生活

  • 水を体重に対して適量を飲む
  • 五大栄養素がちゃんと摂れる「まごわやさしい」食
  • おやつは芋やナッツ、手作りスムージー
  • プチ断食でデトックス

 

水を体重に対して適量を飲む

体重×50mlがあなたの適量な水の量と言われていまます。

例えば、あなたが50kgだったとしたら、50kg×50mlで2500ml

すなわち2.5リットルがあなたに必要な水の量です。

 

これをがぶ飲みするのではなく、1日かけて飲むようにします。

トイレの量が多くなるのは当たり前ですが、それほど本来は出した方が良いという事になります。

五大栄養素がちゃんと摂れる「まごわやさしい」食

五大栄養素というのは

  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖質
  • ビタミン
  • ミネラル

の5つを意味します。これらがバランスよく採れているのがベストなのです。

これらを取り良いれた食事を作れる、食べれるのが「まごわやさしい」です。

「ま」は、豆類

「ご」は、ごま類

「わ」は、ワカメなどの海藻類

「や」は、野菜

「さ」は、魚

「し」は、しいたけなどのきのこ類

「い」は、イモ類

まごはやさしいを意識した食生活をしてみましょう。

 

おやつは芋、ナッツ、手作りスムージー

芋はあまり食べ過ぎないように注意しながら、運動する前した後など小腹が空いた時に食べます。

ナッツも栄養豊富なのでオススメですがついつい食べ過ぎるのでご注意を!

コンビニなどで売っているスムージーは糖分が多いのであまりオススメではありません。

フルーツなどの自然な甘みを出しながら手作りするのがオススメです。

 

プチ断食でデトックス

これは朝ごはんをぬく、夜ご飯をぬく、どちらでも構いません。

胃腸などの臓器を休ませてあげるため、食事を16時間摂らないようにするというものです。

これで胃の大きさが戻って、食べ過ぎが治り、便秘が解消したり、肌が綺麗になったり、余計な老廃物が出て結果痩せます。

 

これも10間続けられるのであればベストですが、あなたの出来る範囲で行いましょう。

できれば開始の1日目がオススメです。

ダイエットするなら、一度はチャレンジしてみてください。

 

簡単アウターダイエット

 

体内の健康を整えてこそ効果が出やすいのがワークアウト。

ダイエットで必要なことはコツコツ筋肉をつけて、血行や体液の流れを良くして循環を良くしてあげると余分なものがスムーズに排泄する事ができます。

運動することにより内臓も活性化するので内側から美しくなりやすくより良い見た目や肌の潤いを求めるなら必要不可欠です。

 

paluオススメワーク

 

  • ストレッチ
  • ヨガ・ピラティス
  • 早歩き
  • スクワット
  • ジャンプ

ストレッチ

ストレッチは、最低15〜30分間、できれば60分ほど自分の体と向き合いながら深い呼吸とともに体を伸ばしていくとそれだけで巡りが良くなってる感覚が得られます。

 

ヨガ・ピラティス

ストレッチを身体意識を高めて行うのがヨガやピラティスです。

そして筋肉を育てる要素が高く、美しい姿勢、骨格、しなやかな筋肉を手に入れられます。

最低30分以上ご自身に集中して行えばじんわり汗もかいてきます。

この機会に体験レッスンを申し込むのもいいですし、Youtubeなどでもたくさん動画が出ていますので自分ができそうなものを選んで行ってみるのも良いですよ♪

 

早歩き

走らなくても効果が出やすいのが『早歩き』です。

運動しない人がいきなり走ろうと思っても長時間走る事ができません。できても数日です。

しかし、早歩きは誰でもできて続けられ、心拍数もある程度上がって、じんわり汗もかき活性化してる感覚も得られるでしょう。

また早歩きは、メンタリストDaigoさんもオススメしているくらい効果が高いんです。

 

スクワット

一時期こちらもダイエッターの中で流行りましたね。

下半身の大きな筋肉をしっかりつけると痩せやすいと言われています。そこで要注意なのが、太ももでも『裏モモ』に筋肉をつけることを意識してスクワットを行ってください。

前側のモモは日常生活で十分使ってるので、使えていない裏モモを鍛えることによって、浮腫みやセルライトなどのブヨブヨがみるみるうちに緩和します。

お尻もキュッと上がってあなたの魅力が増すに違いありません!

 

ジャンプ

家の中でも出来るエアージャンプもオススメ!

全身の力を抜きながら軽くジャンプするだけでOK!

数分やってると体が熱くなってきます。

ふくらはぎの筋肉も鍛えられて体液の循環も良くなるので、外出する事がない方は隙間時間を利用したり、自分でタイミングを決めて行うと良いでしょう。

 

ダイエットは習慣

 

10連休に出来るpaluがオススメするダイエット方法をお伝えしました。

一つでもできそうなものがあれば幸いです。

 

誰もが綺麗だと思うモデルや女優などの芸能人の方や身近に居る体型が昔と変わらない、老けない方の多くは、毎日ちょっとずつでも自分の健康や体型維持のためにコンスタントに続けている事が何かしらあります。

それは歩くことかもしれないし、水を飲むことかもしれない、食べ方や食べるもの、サプリメントなどの栄養面についてかもしれません。

 

あなたが「合うな!」と思うものを選択して続けてみることをお勧めします。

一つでも継続する事がよりあなたの自信にもつながり、体がどんどん良い細胞に変化して、いつまでも若々しく美しくいられるのです。

ぜひ、この記事を参考に10日間のダイエットスケジュールを立てて過ごしてみてくださいね♪

 

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中