一人暮らしの生活費の平均は?社会人と学生で違うの?

一人暮らしについては、楽しそうなイメージがある一方でお金がかかりそうなイメージもお持ちの人が多いのではないでしょうか?

「一人暮らしをしてみたいけれど、生活費はどれくらいかかるのかな?」なんて、疑問に思っている人は多いと思います。

一人暮らしの生活費の平均は社会人と学生で異なっているので、今回はそれぞれを見ておきましょう。

また、「今の収入では生活費をまかなえそうにない」という場合もご安心ください!

一人暮らしの生活費を自分で払いながら余裕を持って貯金をする方法もご紹介します。

生活費という支出を把握したうえで、高収入なお仕事を行って楽しく一人暮らしの生活を送りましょう。

一人暮らしの生活費の内訳は?

一人暮らしの生活費の内訳としては、以下のようなものが考えられます。

  • 家賃
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 交際費
  • 通信費

一人暮らしを始めると考えると、家賃や水道光熱費は頭に浮かぶ人も多いと思います。

しかし、食費や交際費、通信費なども一人暮らしをするならかかってくるので、気をつけなければなりません。

特に食費は毎日の出費なので、高額になりやすいです。

「そんなに食事にこだわりがないから食費はかからなさそう」なんて、思っている人もいるかもしれません。

もしも1日500円で生活をしたとしても、1ヶ月で考えると「500円 × 30日 = 15,000円」となります。

実際、1日に2食や3食をとることになると、500円では済まない日も増えてくるはずです。そうなると、月に数万円はかかってきます。

したがって、家賃などの高額になりやすい費用以外にもしっかり目を向けて、生活費の計算をしていきましょう。

一人暮らしの生活費の平均は社会人と学生で違う!

「一人暮らしにかかる生活費はわかったけれど、具体的な費用はどれくらいなんだろう?」なんて、思った人も多いと思います。

一人暮らしにかかる費用については、住む場所や生活スタイルによって大きく異なるので一概には言えません。

例えば、家賃は住む場所や駅からの近さ、部屋の広さによって大きく変わってきます。

しかし、だいたいの平均を知ることは可能です。

一人暮らしの生活費は、一般的に学生よりも社会人のほうが高いとされています。

それぞれの生活費の平均について、順番に確認していきましょう。

社会人の一人暮らしの生活費の平均

社会人の一人暮らしの生活費の平均は、だいたい15万円程度となっています。

具体的な内訳としては、以下のようなものです。

  • 家賃 = 約60,000円
  • 食費 = 約30,000円
  • 水道光熱費 = 約10,000円
  • 交際費 = 約30,000円
  • 通信費 = 約10,000円
  • その他雑費 = 約10,000円

社会人の一人暮らしでは、学生よりも家賃や交際費がかかりやすいとされています。

なぜなら、家賃については会社の近くに住んだり、恋人を家に呼ぶことを考えて大きな部屋に住んだりすると高くなりやすいためです。

また、交際費も会社の飲み会などが増えることによって、高額になりやすくなっています。

社会人が暮らしていくうえで必要な費用は、上に挙げたものだけではありません。

例えば他にも、社会人になると周りが結婚式をあげることによってお金が必要となることもあります。

せっかく友達に結婚式に呼んでもらったのに、お金がなくてためらうというのは避けたいですよね。

不意な出費にも備えて、余裕を持って生活していくことが必要なのです。

学生の一人暮らしの生活費の平均

学生の一人暮らしの生活費の平均は、だいたい12万円程度となっています。

具体的な内訳としては、以下のようなものです。

  • 家賃 = 約45,000円
  • 食費 = 約30,000円
  • 水道光熱費 = 約10,000円
  • 交際費 = 約20,000円
  • 通信費 = 約10,000円
  • その他雑費 = 約5,000円

学生は、家賃が社会人よりも低い場合が多いです。学生寮に入るというときには、もっと安くなることもあります。

食費も、学食を主に活用するなどすれば、さらにおさえることが可能です。他にも、飲食店でアルバイトを行って、まかないで安く済ませることもできます。

そうはいっても、病院代など不意に必要な出費があるのは社会人と変わりません。

もしも何かあったときに使えるお金がないとなると、一人暮らしを続けていくことは難しくなってしまいます。

ギリギリで生活するのではなく、金銭的に余裕を持って暮らしていくことが大切です。

一人暮らしの生活費を払いながら貯金できる?

「一人暮らしの生活費は思ったよりも高額で驚いた。。」という人もいるのではないでしょうか?

特に、社会人の生活費はかなり高額で、お給料が低いうちはなかなか余裕のある生活は難しいはずです。

生活費を自己負担しながら貯金を行えるという人は、あまり多くはありません。

余裕を持って生活をしていくためには、社会人も学生も節約をするという方法がまず最初に思い浮かぶと思います。

毎日の食事を自炊したり、安いスーパーを探したり、できるだけ光熱費をおさえたり、節約の方法はさまざまです。

しかしながら、時間をかけたり気を使って必死に節約をしても、実際に金額を確認するとほとんど変わらないということもよくあります。

せっかく頑張って節約しているのに出費があまり変わらないとなると、一人暮らしを楽しむ気持ちにはなれそうにないですよね。

やはり、確実に安定した暮らしを送るためには、そもそもの収入を増やすということが必要となるのです。

収入を増やすためには、お給料の良い高収入なお仕事を生活に取り入れることが良いでしょう。

「高収入なお仕事って何かあるかな?」なんて、疑問に思った人のために、高収入ワークについてご紹介します。

生活費のために高収入ワークをしてお金を稼ごう!

一人暮らしの生活費をまかなうために、高収入ワークをしているという人は少なくありません。

「なんであの人は一人暮らしをしているのに、いつも高いブランド品を持っているのだろう?」なんて思ったことがあるかもしれませんね。

そのような人は、高収入ワークをしている可能性があります。

最近では、高収入ワークを行ったり、本業の合間に高収入な副業を行ったりすることはよくあるのです。

「自分にでもできる高収入ワークはあるのかな。。」と、不安に思う人もいると思います。

しかし、安心してください!

高収入ワークと言っても、やる気さえあれば誰でも挑戦できるようなお仕事も少なくありません。

高収入ワークの中でも、一人暮らしの生活費を貯めるためにおすすめなのがキャバクラや風俗で働くことです。

これらのお仕事は、そもそもの給料が高いために短時間でも稼ぐことができます。

それだけではなく、シフトも自分の都合の良いように組むことができるお店がほとんどなのです。

したがって、一人暮らしをしながらでも無理なく高収入を稼いでいくことができます。

一人暮らしの生活費に不安があるという人は、まずは気になるお店に連絡してどのようなお仕事か体験させてもらいましょう!

まとめ

一人暮らしをするための生活費は、家賃や水道光熱費だけではなくさまざまなものがあります。

社会人と学生で生活費の平均は異なっていますが、いずれも毎月10万円を超えることがほとんどです。

したがって、一人暮らしを楽しみながら余裕を持った生活をして貯金もするというのはかなり難しいと言えます。

そのような問題を解決するためには、高収入ワークで働くことが良いでしょう。

オトナ女子のヒミツの高収入バイト
管理人エリカについてはこちらから
LINE@で管理人エリカが直接あなたのお悩みをお伺いしてます
リッチ女性専用ライター募集中